誰でもわかるファンドラップのしくみ!

ファンドラップとはどんなサービスなのか

顧客にあった運用の方法を、顧客と作り上げていく資産運用のことをファンドラップといいます。顧客と証券会社が資産運用について話し合いをして、要望などから最適な運用スタイルの提案をしてもらうというスタイルが多いです。そして、投資一任契約によって運用部門が顧客に代わり預かった資産を運用します。顧客に代わり資産の配分比率などを定期的に証券会社が見直すことによって、環境の変化にも対応しながら長く安定した運用が行えるのが大きな魅力です。 専門家に運用と管理を任せられるので、初心者の方でも始めやすくなっています。リスクのある運用をしたくないという方や、どこに投資をすればいいかわからないという方などにおすすめです。

ファンドラップを選ぶ際に知っておくといいポイント

ファンドラップでは、運用コースやオプションが複数用意されていることが多いです。組み合わせることによって、顧客のニーズに合った運用手法が実現できます。スタンダードなコースではシンプルで分かりやすいものが多く、より高い収益を目指すコースなどもあります。契約する金額によって、選べるコースが変わってくるので把握しておきましょう。
また、損失の水準を設定することも大事です。運用中に損失が大きくなり、設定した金額に達した場合は投資信託の解約をして、損失の拡大を最小限に抑えられる会社ならば安心です。運用状況の分かる報告書が来る時期も知っておきましょう。まずは気になるファンドラップがあれば、店舗や電話で相談することをおすすめします。