聞いたことある?NISAとは?

NISAはひとり1口座しか作れない

NISAとは2014年より始まった新しい投資方法のひとつです。株や投資信託などで得た運用益や利益は通常約20%の税金が発生します。しかしNISAを使うことで年間120万円までであれば非課税となりお得です。NISA口座は証券会社を通じて申請用紙を提出し、税務署の審査を経て開設することができます。原則としてひとり1口座までとなっており、NISA口座は開設した年から数え5年間有効です。5年を過ぎると一般もしくは特定口座同様に税金が発生しますので源泉徴収または確定申告で納めなければなりません。なお、NISA口座は20歳以上の方にのみ限られており、0歳から19歳までの方はジュニアNISAを使うといいでしょう。

ファンドラップで賢く資産運用を

ファンドラップとは専門家のアドバイスを受け、投資信託などを組み合わせて資産運用する方法のことです。証券会社によっても変わってきますが、数十万円から数百万円程度あれば利用できます。ファンドラップはNISAの対象ですが、120万円を超える場合は税金がかかってきますので、事前に「NISAを使いたい」という旨を伝えておくと考慮して選んでくれるでしょう。また、ファンドラップの場合、ファンドラップフィーという形で手数料が取られてしまうこともありますので、注意してください。ファンドラップは長期的な資産運用に適している金融商品のため、それなりに大きな利益を生み出します。少しでも多く利益を得たいという場合は、NISA口座と特定もしくは一般口座を組み合わせるといいでしょう。